登場人物紹介

 ももこ 

(主婦・30代)

20歳の時から14kg太り、酵素ダイエットに挑戦。自分の体に合う酵素サプリを探し10種類以上試しました。ダイエット開始2カ月半で-2.9kg、体脂肪5.2%減。運動量は変わってません。→ 詳細はこちら

 たろう博士

(医学博士)

1967年東京都生まれ。帝京大学医学部医学学科卒業。都内のメディカルクリニック院長。専門は東洋医学、食事療法、自然療法。酵素栄養学を研究し実践。ももこの疑問に答えてくれるエキスパート。

酵素の効果

酵素サプリで腸内環境を整えて美肌&痩せ体質へ

投稿日:2017年9月23日 更新日:

 

ももこ
腸内環境を良くすると肌年齢が若くなったり、排出物が出て痩せやすい体になるって本当ですか?
たろう博士
はい、腸内環境が整っていないと、便秘や肌荒れ、不眠など、体のトラブルを招きます。
ももこ
腸内環境を良くするには、酵素が良いって聞きました!
ももこ
酵素サプリを毎日続けたら腸内環境を整えることはできますか?
たろう博士
はい、酵素サプリでも腸内環境を整えることは可能ですよ。

 

 

酵素と腸内細菌の関係

 

ももこ
腸内環境が悪いと酵素の働きが悪くなるって知っていましたか?

 

体内の酵素は大きく分けて2つ、

人の細胞で作られる「消化酵素」と「代謝酵素」があります。

体内の酵素は、人の細胞で作られる以外に、最近の研究で腸内細菌(微生物)にも酵素を作りだすことが分かっています。

腸の中に腸内細菌が棲んでいて、食事に含まれるたんぱく質ビタミン、ミネラル、糖質などを利用して酵素をつくっています

その腸内細菌がつくる酵素は、人の消化酵素で分解できない食べ物を代わりに分解して栄養素を作っています。

例えば、野菜や果物に含まれる多糖類や大豆イソフラボン、海藻類などは消化酵素で分解でません。

それから、解毒や代謝、合成、排出といった酵素反応も行って、体の維持に役立っています。

 

人間の酵素より腸内細菌の酵素の数の方が圧倒的に多く、人間の細胞の数が60兆個に対し、腸内細菌の数は1000兆個以上

DNAに含まれる遺伝子から作られる酵素の数で比較すると、人間の遺伝子の数は約2万個、腸内細菌の遺伝子の数は約330万個

 

その差、なんと約150倍

 

腸内細菌酵素の数の方が圧倒的に多いのです。

腸内環境を良くすると腸内細菌と酵素が増え、いつも健康な体でいられます。

便秘解消や美容、ダイエット、ストレス、生活習慣病の改善には、

腸内環境を整えること!

 

健康な人の腸内細菌叢

 

腸内には、500~1000種類の細菌が常に100兆個以上生息しています。

これらの細菌(微生物)は大きく3つのグループに分かれています。

体に有用な菌「善玉菌」、有害な作用を及ぼす菌「悪玉菌」、それらのどちらか優勢な方になびく菌「日和見菌があります。

それぞれが腸内でバランスをとりながら共存しています。

健康な人の腸内細菌のバランスは、善玉菌20%、悪玉菌10%、残りの70%が日和見菌という構成になっています。

腸内バランスを整えるには、善玉菌を強くして、どっちつかずの日和見菌を味方につける必要があります。

腸内細菌は小腸から大腸にかけて種類ごとにまとまって生息します。

その集合体がお花畑のように見えることから、「腸内フロー」(腸内細菌叢 / ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。

善玉菌は善玉菌の酵素を出して、食べ物を「発酵」させ体によい働きをしています

その一方で、悪玉菌は 悪玉菌の酵素を出して、食べ物を腐敗させ有害ガスなどの物質を出します

悪玉菌が増えると、腸内バランスが崩れ、下痢や便秘、免疫力が弱まります。

 

ももこ
これだけやっかいな菌なら、善玉菌を増やして悪玉菌を減らした方が良いと思います!!
たろう博士
はい!!!ですが、善玉菌でも他の菌とつるんで悪さをするのもいるんですよ。

 

また、悪玉菌でもコレラ菌やサルモネラ菌などの強い病原性菌に対して、攻撃してくれる良い面もあるので、悪玉菌にもいてもらわないと困るのです。

 

腸内環境を整えることで得られる効果

 

腸内環境を整えることで、得られる代表的な効果を5つ挙げてみました。

痩せやすい体質になる

便秘・下痢の改善

美肌効果

睡眠の質を高める

ストレス解消・うつの予防

 

痩せやすい体質になるには

 

たろう博士
痩せ体質になるには、短鎖脂肪酸がカギです!

 

痩せやすい体質と太りやすい体質の人の違いは、腸内細菌のバランス、つまり腸内細菌叢の違いによるものです。

やせ菌」の多い人はやせる傾向にあり、太った人には「デブ菌」が多いことが分かっています。

デブ菌は腸内に棲んでいて、消化されたものを溜め込んでしまう菌です。

溜め込んだものは脂肪に変わってしまいます。

「デブ菌」を減らして「やせ菌」を増やすには、

腸内細菌のエサとなる、水溶性食物繊維を多く含む食品(わかめ、長芋、ナメコ、ラッキョウ)、

イヌリン(水溶性食物繊維の一種)を含んだ食品(ごぼう、玉ねぎ、にんにく)や酵食納豆、キムチ、味噌)を摂ることです。

すると大腸の腸内細菌が食物繊維を食べ分解・発酵し、短鎖脂肪酸(ヒトの大腸内で腸内細菌によって作られる酸)を生み出します。

この「短鎖脂肪酸が太りにくく溜め込まない体質にするのです。

やせ型の腸内細菌バランスに近づけば、あなたも痩せやすい体質になれるかも!?

 

便秘・下痢の解消には

 

たろう博士
便秘・下痢には水溶性の食物繊維を摂るようにしましょう。

 

便秘と下痢は真逆の現象ですが、解決法はほぼ同じです。

お腹にビフィズス菌を増やすのがマル。

食物繊維オリゴ糖乳酸菌発酵食品を食べるよう心がけましょう。

善玉菌は食物繊維があって初めて効果を発揮します。

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類ありますが、特に便秘の時は水溶性の食物繊維をとるようにします。

水溶性は水に溶ける食物繊維で、便を軟らかくして、お通じをスムーズにしてくれます。

不溶性の食物繊維は便のかさを増します。

しかし、便秘の時に大量にとると、さらにお腹が張ってしまうことがるので注意が必要です。

 

肌荒れ・美肌効果には

 

たろう博士
美肌づくりの第一歩は腸内環境を整えることからスタートするのが近道です。

 

美肌を保つ成分といえば、ビタミンやコラーゲンを思い浮かべるかもしれません。

しかし、それだけではありません!

お肌のターンオーバーを考えると、夜更かししないで夜は早めに寝ることです。

ストレス過多で不眠症気味の人は、特に睡眠の質の低下が腸内環境に影響します。

腸内環境を整えるには、血糖値の上昇を抑え、腸を整え美肌を守る食物繊維」をしっかり摂ることです。

腸を整える生活に切り替えることで、美肌を保ち、肌荒れ等改善することができます。

 

睡眠の質を高めるには

 

たろう博士
腸は脳と深く関係していて、腸内環境を整えることで自律神経のバランスを整えることができます。

 

最近では深い眠りや睡眠改善効果に「GABA(キャバ)」が注目されています。

ストレス緩和には、GABAを含む食品を食べたり、腸内環境を良くすることで、腸内酵素がGABAを産生するという論文も発表されています。

 

ストレス解消・うつの予防には

 

たろう博士
ストレスなどで腸内環境が乱れると「幸せホルモン」が減ってしまい、自律神経が乱れてしまいます。

 

ストレスと腸は深い関係があります。

精神的ストレスによって腸内環境が乱れると、「幸福ホルモン」と呼ばれる脳内の「セロトニン」が不足します。

セロトニンが不足すると、 気分が落ち込んだり、不眠症やうつなどの症状が現れます

セロトニンを増やすには、セロトニンの材料となる「トリプトファン」を脳内へ運ぶ必要があります。

脳内の「セロトニン」のうち、95%は腸でつくられています。

ですが、セロトニンを脳に運ぶには、分子が大きすぎてフィルターを通過できません。

ももこ
ん、腸のセロトニンと脳のセロトニンは別々に働いていると考えた方が良いの??
たろう博士
いいえ、そんなことはありません。

腸内環境を整えると、腸のセロトニンが脳を安定させる役割があります

セロトニンは必須アミノ酸の「トリプトファン」から作られています。

腸内細菌の酵素が、トリプトファンからセロトニンを合成する際に必要な「ビタミンB6」をつくっています。

腸内細菌の働きがあるからこど、脳内でセロトニンを増やすことができるのです。

 

 

酵素×腸内デトックスで腸活する方法

 

ももこ
酵素で「腸内デトックス」するなら、「酵素サプリ」と「酵素ドリンク」の2通りあります。

 

 腸内デトックスとは・・・

 

善玉菌などの腸内細菌を増やして腸内環境を整え、腸にたまったゴミ(便・毒素・老廃物)を排出すことをいいます。

 

ちなみに腸活は、「腸の働きを良くすることで健康な体を手に入れること」です。

 

どちらも意味合いは似ていますね。

 

便秘になると腸に残ったものから毒素がつくられて、肌荒れや、おならが臭くなったりしますね....。

これでは腸内は悪玉菌が優勢の状態ですので、腸内環境を改善して善玉菌に活発になってもらう必要があります。

そのために、食物繊維+乳酸菌+オリゴ糖を摂ることが大切です。

食物繊維とオリゴ糖は善玉菌のエサになるので、善玉菌を増やすために欠かせないです。

とくに食物繊維は「腸のお掃除係り」と呼ばれるほど。

便秘の改善血糖値の急激な上昇や、コレステロールの吸収を抑える働きもあり肥満防止に繋がります。

 

酵素ドリンクで腸内デトックス

 

何日間か断食(ファスティング)をして腸を休ませることで、断食中に不足する栄養を食事の代わりに酵素ドリンクで補給します

 

酵素ドリンクは、糖質が高いため断食中に何回も飲むと血糖値が乱高下して痩せにくく、自律神経が乱れてリバウンドしがちです。

管理人ももこは腸内デトックスで腸内細菌を元気にする素サプリを選びました!!

 

 

酵素サプリには、先程説明した「食物繊維+乳酸菌+オリゴ糖」がすべて含まれるものがあります。

 

それが、「乳酸菌の入った酵素サプリ」です。

 

詳しくはこちらの記事からどうぞ 

★注目
あなたにピッタリの乳酸菌入り酵素サプリメントが見つかる!

  酵素と一緒に乳酸菌をとり入れて腸内環境を整えましょう! 腸内環境が良くなると、ダイエットや便秘、肌荒れ、自律神経の乱れ、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。 乳酸菌入り酵素 ...

続きを見る

 

おすすめ記事一覧

1

  酵素と一緒に乳酸菌をとり入れて腸内環境を整えましょう! 腸内環境が良くなると、ダイエットや便秘、肌荒れ、自律神経の乱れ、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。 乳酸菌入り酵素 ...

-酵素の効果
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 【酵素ダイエット】ももこのサプリ10種類効果比較ガチリポート! , 2017 All Rights Reserved.