ももこのおすすめ酵素サプリ

【痩せ体質】酵素×痩せ菌サプリおすすめランキング

更新日:

 

腸内環境が変われば痩せ体質になれる!?

腸の真実が最新の研究で明らかに!!

太っている人と痩せている人の違いは、なんと腸内細菌の種類にありました。

太っている人には「でぶ菌」、痩せている人には「やせ菌」が多く存在します。

痩せ菌を増やすカギとなるのが、日常の食事改善です。

ここでは、痩せ体質に近づくための方法や「やせ菌」を増やす食べ物をご紹介しています。

サプリで摂取したい方におすすめな商品が揃っているので、じっくり比較して選ぶことができます。

さあ、あなたも酵素と一緒に痩せ菌を増やして痩せやすい体を手に入れましょう!

 

 

 

 

 

 

 

酵素×痩せ菌サプリおすすめランキング

 

 酵素と痩せ菌のサプリを選ぶなら、短鎖脂肪酸(酢酸・酪酸・プロビオン酸)を増やす成分とそれらを発酵させる腸内細菌が含まれるものを選ぶのがコツです!

 

やせ菌サプリを選ぶ3つのポイント

  • 食物繊維やオリゴ糖を発酵させるビフィズス菌や乳酸菌が入っている
  • やせ菌のエサとなるオリゴ糖が入っている 
  • 短鎖脂肪酸を増やす成分の水溶性食物繊維が入っている

 

やせ菌サプリおすすめランキングTOP3はこちら!

 

121種類の酵素と乳酸菌

121種類の酵素と乳酸菌
価格 初回980円(税込)+送料無料
主な原材料 121種類の植物発酵エキス、大豆食物繊維、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ラフィノース糖、キシロオリゴ糖、スマート乳酸菌
内容量 1袋120粒入り(30日分)

3つのポイント

  • 日本人の腸内環境に合わせた「スマート乳酸菌」が配合
  • 2回試してみて体に合わない場合は、いつでも中止OK
  • 完全無添加、食品原料のみ使用

単品で1袋買うより定期コースで2袋買った方が1,320円お得!

ビタミン・ミネラル豊富な酵素と、腸内環境を整えてキレイな体をつくる、乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖がバランスよく入っています。

でぶ菌を減らして、酵素と痩せ菌を増やしたい人向けのサプリメント。

理想の腸内バランスを手に入れて、痩せ体質を目指したい人におすすめです。

 

LAKUBI(ラクビ)

LAKUBI(ラクビ)
価格 初回300円(税込)+全国送料無料
主な原材料 酪酸菌、サラシアエキス、植物性キトサン、ビフィズス菌B-3、麦芽糖、デキストリン、イソマルオリゴ糖、澱粉
内容量 1袋31粒入り(約31日分)

3つのポイント

  • 短鎖脂肪酸を作り出すやせ菌(酪酸菌)が1,700万個配合
  • やせ菌を増やす「オリゴ糖」、でぶ菌を減らす「サラシアエキス」、溜めないための「レジスタントプロテイン&ビフィズス菌B-3」配合
  • 可愛いパッケージに手のひらサイズで持ち運びに便利

毎月先着500名様に初回モニター特別価格990円(税込)で購入できるチャンス!

LAKUBI(ラクビ)は、日本人が昔から好んで食べている味噌、納豆、ぬか漬けなどの発酵食品に含まれる「酪酸菌」や「乳酸菌」がたっぷり配合されています。

痩せ体質への近道は、腸内のやせ菌を増やして腸内フローラバランスを整えること!

菌活ダイエットをはじめ、便秘、肌荒れなどでお悩みの方にもおすすめのサプリメントです。

 

KOMBUCHA生サプリメント

価格 初回980円(税別)+全国送料無料
主な原材料 ココナッツオイル、乳糖、発酵紅茶エキス、357種類の植物発酵エキス、22種類の乳酸菌、生コーヒー豆抽出物、ガルシニアカンボジアエキス、ギムネマ、キャンドルブッシュ、サラシア、酵母エキス、パン酵母、酪酸菌、甘草抽出物、コラーゲンペプチド、L-カルニチン、豚プラセンタエキス、ガラクトオリゴ糖、植物レシチン(大豆由来)、ビタミンB1、ビタミンB6、キトサン(かに由来)、葉酸、ビオチン、ヒアルロン酸、ラクトフェリン(乳由来)
内容量 1袋30粒入り(30日分)

3つのポイント

  • 酵素とやせ菌を増やす酪酸菌(紅茶キノコ)がダイエットをサポート
  • 美容成分(コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸)が贅沢に配合
  • 安心の30日間全額返金保証付き

20日間試して変化を感じられない方には、30日間全額返金保証制度が利用可能!

酵素・酵母・乳酸菌・酪酸菌(紅茶キノコ)が生のまま一度に摂れる!

さらに、脂肪燃焼効果や糖の吸収を抑えるダイエット成分と美容成分が贅沢に配合されています。

楽天・Amazonでのお取り扱いはなく、購入できるのはこちらの公式サイトのみとなります。

話題のコンブチャで菌活ダイエットしたい人におすすめです。

 

3つの条件を満たしたやせ菌サプリおすすめ5選はこちら!

 

総合評価 1位 2位 3位 4位  5位 
商品名 121種類の酵素と乳酸菌 LAKUBI
 
KOMBUCHA 

 プレミアムスリムビオ くろしろ

初回価格
(税込)
980円 300円 1,058円 1,058円 500円
2回目以降
(税込)
3,480円 2,740円 4,288円 4,298円 4980円
定期便お約束回数 2回 3回  4回  4回  4回 
定期便合計金額
(税込)
4,460円  5,780円 13,922円 13,954円 15,440円 
乳酸菌の種類 1種類 1種類 22種類 6種類 10種類
オリゴ糖 5種類 1種類  1種類 1種類 なし 
短鎖脂肪酸を増やす成分 大豆食物繊維 酪酸菌 酵母
酪酸菌
詳細
レジスタントスターチ / 納豆菌 / アガベイヌリン / グルコマンナン
 / 難消化性デキストリン
難消化性デキストリン
生酵母
酵素  121種類 なし   357種類 なし  238種類
初回返金保証 なし なし  あり あり なし 
公式サイト

詳細

詳細

詳細

詳細

詳細

※上記表は全て税込価格で表示しています。

 

太りやすい原因

 

太りやすい原因は、運動不足や食べ過ぎなどが知られていますが、実は腸内環境に大きく関係があります。

2006年、最も権威ある科学雑誌のひとつ、「Nature」で発表された論文では、太っている人と痩せている人の腸内細菌のバランスが異なると発表されました。

2015年4月3日放送の「バイキング」や2017年11月2日放送の「主治医が見つかる診療所」など他多数番組でも紹介されています。

特に今注目なのが、腸内細菌の中に存在する痩せ菌デブ菌です。

腸内環境の悪い人には、太る原因となるデブ菌が多く存在することが最近の研究で分かっています。

また、痩せたマウスに太ったマウスの腸内細菌(でぶ菌)を移植すると肥満になるというデータが出ています

 

デブ菌・痩せ菌とは

一人ひとりの腸には、200種類、100兆個もの腸内細菌がいて、その中に私たちを太らせる細菌群の「でぶ菌」と痩せやすい体にする「やせ菌」がいます。

腸内にデブ菌が多い人は、わずかな食べ物から大量のエネルギーを吸収し、体が消費しきれなかったエネルギーは脂肪に変換され細胞に蓄えられます。

それがぜい肉となって体に付き、太ります。

一方、脂肪細胞が余分な栄養素を取り込まないようにするのが「やせ菌」です。

腸内に痩せ菌の多い人は、短鎖脂肪酸という物質を作って脂肪の吸収を抑えたり、燃やしたりするので太りにくくなります。

 

痩せ:デブ、理想の腸内細菌の割合

痩せ型の人の腸内細菌バランスに近づけることが健康的なダイエットへの近道です。

 

ヒトの腸内細菌には、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌や大腸菌、ウェルシュ菌といった悪玉菌、そして善玉と悪玉のどちらか優勢な方に加勢する日和見菌があります。

これらの腸内細菌は、大きく分けると4つの門に分類されます。

ちなみに、「門」というのは生物を分類する分け方の名称のことです。

 

腸内フローラを構成する主な菌

バクテロイデス門
ファーミキューテス門
アクチノバクテリア門
プロテオバクテリア門

 

この4つの門のうち、腸内細菌の9割がバクテロイデス門(痩せ菌)とファーミキューテス門(デブ菌)で占めています。

『Nature』の論文では、太っている人の腸内にはファーミキューテス門(デブ菌)、痩せている人の腸内にはバクテロイデス門(痩せ菌)が多く存在していることが報告されています。

さらに太っている人が減量をすると、バクテロイデス門(痩せ菌)が増えるという事実も証明されています。

なぜそうなるか分かっていませんが、現象として肥満と腸内細菌に深い関係があることは間違いなさそうです。

実はデブ菌は誰もが体のなかに持っている菌です。

要はやせ菌とデブ菌のバランスが大事で、問題はその比率です。

理想的な比率は、痩せ菌 : デブ菌 = 6:4です。

デブ菌の比率が大きいほど肥満傾向になりがちです。

やせ型の人

やせ菌:デブ菌

6 : 4

肥満型の人

やせ菌:デブ菌

3 : 7

※肥満型の人は、デブ菌が炭水化物から多くのエネルギーを作り出す傾向にあり、その結果多くのカロリーを摂取してしまうことがわかっています。

つまり、同じものを食べているのに、太りがちな人と痩せたままの人がいる」理由は、腸内細菌のバランスによってもたらされています。

 

食べても太らない痩せ体質になる方法

 

太りにくい体質にするには短鎖脂肪酸が重要なキーワードです。体内に短鎖脂肪酸が多く存在すれば、太りにくく健康的な生活が送れそうです。

 

そもそもデブ菌と呼ぶと悪玉菌のように聞こえますが、善玉菌の代表・乳酸菌はデブ菌と同じ「ファーミキューテス門」です。

実は菌自体に良いも悪いもなく、菌が作り出す物質の方が重要です。

そして、最も注目すべきは短鎖脂肪酸です!

ヒトの大腸内でビフィズス菌などの善玉菌がオリゴ糖や食物繊維を食べて発酵させると、「酪酸」「酢酸」「プロビオン酸」といった短鎖脂肪酸を作ります

油脂でおなじみの脂肪酸の構造は、数個〜数十個繋がった鎖の炭素に酸素と水素がくっついたものです。

このうち炭素の鎖が短くて6個以下のものが短鎖脂肪酸です。

 

代謝アップのカギは短鎖脂肪酸

脂肪酸は腸内を弱酸性にしてアルカリ性の環境を好む悪玉菌が増えるのを抑えたり、脂肪の分解や大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促したり、カラダにとって良い働きをしてくれます。

 

短鎖脂肪酸の健康効果

腸内ホルモンの分泌を活性化
代謝を高める
血糖値の上昇を防ぐ
腸管のバリア機能を高める
免疫力の調整
アレルギー症状の緩和

 

短鎖脂肪酸が大腸内で増えると、善玉菌が優勢になり日和見菌も味方になってくれて万々歳ですが、それだけではありません。

短鎖脂肪酸は大腸に留まるだけでなく、脳にまで到達して交感神経の働きを活性化します。

食べ過ぎた時に交換神経を刺激してエネルギー消費量を増やし、体脂肪を溜めにくくします。

また、脳に働きかけて、食欲を抑える作用もここ数年の研究で明らかにされました。 

 

短鎖脂肪酸を増やすには

短鎖脂肪酸を作用させるためには、善玉菌に食べ物を与えて大腸でせっせと作ってもらうしかないです。つまり、水溶性食物繊維を摂ればいいんです。

 

短鎖脂肪酸を食品やサプリなどで直接摂取して体内に増やしたいところですが、短鎖脂肪酸は小腸でほとんど吸収されてしまい、肝心の大腸に届きません。

大腸で短鎖脂肪酸を作用させるためには、腸内細菌に短鎖脂肪酸を作ってもらうしかありません。

動物のエネルギー源となるのは単糖のブトウ糖ですが、腸内細菌にとっても同じです。

しかし、糖の連なったデンプンを食べてもヒトは小腸で吸収してしまうから、大腸まで届けられないのです。

そこで、難消化性多糖類の水溶性食物繊維を摂れば、腸内細菌は多糖の塊を分解して単糖にし、エネルギー源として活動できます。

 

腸内環境が変われば痩せ体質になれる!?

善玉菌といえば乳酸菌のイメージが強いですが、実は乳酸菌の割合は腸内細菌全体の0.1%くらいで、10%が大腸に棲んでいるビフィズス菌です。

ビフィズス菌は日本人に最も多い菌です。

とはいっても、人によって腸内フローラの構成が異なり、その人に最も適した腸内細菌のタイプだけが腸内に生き残っています。

自分が増やしたい菌にエサとして届けるものをプレバイオティクス、腸内で作用させるための菌をプロバイオティクスと呼ぶのはご存知でしょうか?

 

それなら、食べ物の改善よりも先に「生きて腸まで届く」と謳われているヨーグルトやサプリメントを摂ればいいのでは?

と思ったかも知れません。

しかし、プロバイオティクスは菌として腸へのさまざまな効果はありますが、腸内細菌としてはほとんど定着しません。

そのため、人の腸内細菌叢(腸内フローラ)の構成はほとんど変わらないのです。

もし乳酸菌やビフィズス菌で腸内環境を変えようとするなら、毎日食べて腸に送り続ける必要があります。

それよりも、やはり食事で改善するのが一番です!

そのカギを握るのが水溶性食物繊維です。

食べ物を変えると腸内フローラがガラリと入れ替わるのではなく、善玉菌の多い痩せ型比率に変化していきます。

 

デブ菌を減らして痩せ菌を増やす食べ物

 

痩せ菌を増やすにには、水溶性の食物繊維、オリゴ糖、発酵食品、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)を摂取してね

 

痩せる為には、腸内の痩せ菌を増やして短鎖脂肪酸を沢山作ってもらう必要があります。

痩せ菌のエサとなる食べ物を継続的に摂取すると痩せ菌が増え、腸内で短鎖脂肪酸を産生してくれます。

 

水溶性食物繊維を多く含む食品

 

食物繊維には水に溶けやすい水溶性と溶けにくい不溶性があり、善玉菌が好むのは水溶性食物繊維の方です。

水溶性食物繊維が多く含むおすすめの食品は、果糖の重合体フルクタンが含まれる、玉ねぎらっきょう、ごぼうなど。

これをビフィズス菌が分解し、酢酸を作ってくれます。

その他にもアルギン酸、フコイダンが含まれる海藻類

グルコマンナンが含まれるこんにゃく

β-グルカンが含まれるきのこ類、酵母、大麦があります。

サプリメントの原材料で使われる難消化性デキストリンも水溶性食物繊維です

 

水溶性食物繊維が多い食品ランキング(100gあたりの量)

順位 食 品 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 総量
1位 らっきょう 18.6g 2.1g 20.7g
2位 大麦 6.0g 3.6g 9.6g
3位 納豆 2.3g 4.4g 6.7g
4位 ごぼう 2.3g 3.4g 5.7g
5位 玄米 2.3g 0.7g 3.0g
6位 アボガド 1.7g 3.6g 5.3g
7位 オクラ 1.4g 3.6g 5.0g
8位 小麦粉(薄力粉) 1.2g 1.3g 2.5g
9位 なめこ 1.1g 1.6g 2.7g
10位 アーモンド 0.8g 9.6g 10.4g
11位 たまねぎ 0.6g 1.0g 1.6g 
12位 さつまいも 0.5g 1.8g 2.3g
13位 キャベツ 0.4g 1.4g 1.8g
14位 えのきだけ 0.3g 4.2g 4.5g 
15位 りんご 0.3g 1.2g 1.5g
16位 しいたけ 0.2g 4.2g 4.4g 
17位 しめじ 0.2g 4.6g 4.8g 
番外編 ひじき(乾燥)     51.8g 
ワカメ(素干し)     32.7g 
昆布(素干し)     27.1g 

※海藻類は水溶性と不溶性の計測が難しくデータがありません。

 

オリゴ糖を多く含む食品

ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖には、小腸で消化されず大腸まで届くものがあります。

糖の結合の仕方により色々な種類があります。

フラクオリゴ糖は、ごぼう、ヤーコン、アスパラガス、にんにく、ねぎ、玉ねぎ、バナナ、はちみつに多く含まれます。

大豆に含まれる大豆オリゴ糖を多く含む食品には、味噌、醤油があります。

母乳に多く含まれるガラクオリゴ糖は、牛乳乳製品にも含まれています。

ただ、効率よく腸内細菌を増やすなら、サプリメントがおすすめです。

野菜や大豆、牛乳などに含まれているオリゴ糖の含有量は、ごくわずかで食べ物からは少ししか摂れないです。

 

発酵食品

発酵食品は、納豆、みそ、キムチ、漬物、チーズ、バター、酢、ヨーグルトなどです。

他には、酵素サプリメントも発酵食品に分類されおすすめです。

 

レジスタントスターチ

レジスタントスターチとは、「レジスタント=消化されない」、「スターチ=でんぷん」という意味があり、「難消化性でんぷん」と呼ばれています。

レジスタントスターチは、冷たいおにぎりポテトサラダ冷やした大豆青みががったバナナなどに多く含まれます。

整腸作用や生活習慣病の予防効果があるとされ、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の特性を両方併せ持っています。

摂取してから時間をかけて体に吸収されるため、食事量を抑えられる効果もあると言われています。

 

レジスタントスターチが多い食べ物ランキング(食品100gあたり)
1位  バナナ 4.0g
2位  ボテトチップス 3.5g
3位   ライ麦パン 3.2g
4位   トルティーヤ(とうもろこし) 3.0g
5位   コーンフレーク 3.0g
6位   インゲン豆 2.0g
7位   白米 1.2g
8位   パスタ 1.1g
9位   ポテトサラダ 1.0g
10位   オールブラン 0.7g

 

 

デブ菌を増やす食べ物

 

太りやすい人の腸内細菌の割合は、デブ菌:痩せ菌=7:3です。

デブ菌は脂っこい食事を好み、悪玉菌が多い傾向にあります。

肉食中心や、ラーメン、カツ丼、ハンバーグ、ステーキなどの食生活を続けていると知らず知らずのうちにデブ菌が増え、肥満体質の腸内細菌バランスとなってしまいます。

 

デブ菌を増やす食べ物ワーストランキング
1位 ファーストフード
2位 カップラーメン
3位 菓子パン
4位 コーラなどの甘いジュース
5位 揚げ物
6位 添加物の入ったおにぎり、サンドウィッチ
7位 ドーナツ
8位 カツ丼
9位 ハンバーグ
10位 ソーセージ

 

自分の痩せ菌の値を知る方法

 

あなたの腸内環境は大丈夫ですか?

下の項目で当てはまるものが一つでもある人は要注意です!

 

 あなたの腸内環境をセルフチェック!

 おならや便が臭い

 便がコロコロする、または液状である

 肉をよく食べる

 発酵食品をあまり摂らない

 お酒を良く飲む

 甘いものをよく食べて、その分食事を減らしている

 インスタント食品やファーストフードをよく食べる

 和食より洋食派である

 豆類や海藻類、根菜類はあまり食べない

 肌荒れがある

 肩こりや頭痛がある

 食欲不振のことが多い

 疲れやすい

ストレスを感じることが多い

 

 

自宅でできる腸内フローラ検査キットをご紹介します。自分の身体を知り、腸内環境を整えて 健康的な生活を送っていただきたいと願っています。

 

 

\酵素×痩せ菌サプリ

酵素×痩せ菌サプリに戻る

 

注目記事

1

  こんにちは、酵素サプリでダイエットに挑戦中の管理人ももこです。 ももこは、食べながら健康的に痩せるダイエットを目指しています。 これまで何冊かの書籍を参考にしながら、ダイエット食事法・栄 ...

2

  酵素と一緒に乳酸菌をとり入れて腸内環境を整えましょう! 腸内環境が良くなると、ダイエットや便秘、肌荒れ、自律神経の乱れ、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。 乳酸菌入り酵素 ...

3

  腸内環境が変われば痩せ体質になれる!? 腸の真実が最新の研究で明らかに!! 太っている人と痩せている人の違いは、なんと腸内細菌の種類にありました。 太っている人には「でぶ菌」、痩せている ...

-ももこのおすすめ酵素サプリ
-, ,

Copyright© 【酵素ダイエット】ももこのサプリ10種類効果比較ガチリポート! , 2018 All Rights Reserved.